作業紹介

この記事をシェアする

Twitter

Facebook

発電量が悪いのは意外なことが原因??

関東にある高圧発電所でのドローン点検写真をご紹介します。

 

1枚目の写真はドローンで撮影したごくごく普通の写真です。

 

 

 

2枚目は赤外線カメラで撮影した写真です。

 

 

すると・・・

 

見事に異常発熱の箇所の特定ができました。

 

発見までの時間はドローンを飛ばしてなんと1分!

 

この後、異常箇所の原因究明を行いました。

 

 

<こんな事業者様は一度点検を!!>

・見た目は割れや汚れも無いのに発電量が悪い

・周囲に雑草や電柱、大きな樹木も無く日陰にならないのに発電量が悪い

 

 

 

こういった状態の場合は、

ドローンを用いて素早く異常の発見ができます!

 

 

「現在メンテナンスを検討しているけれど、毎年メンテナンス費用を払うのは勿体無い。

だけど、一度点検はしてみたい・・・」

と思われている事業者様にもオススメの点検です。

 

 

少しでもご興味のある方は、お気軽にご相談ください(^^)/

一覧へ戻る

CONTACT

お問い合わせ